HOME > 買いたい > 地図関連書籍 > 地図関連書 > 対話で学ぶ 江戸東京・横浜の地形

条件から探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

目的のカテゴリー
から探す

商品詳細

送料無料

対話で学ぶ 江戸東京・横浜の地形

メーカー:之潮 著者・編者:松田磐余
“ブラタモリ”や『アースダイバー』から近刊本まで、《素人地形談義》の誤りを具体的に指摘。
自然地理学・地形学の営みを平易に語る、待望の書!

・代金引換はご利用いただけません。

・メーカー直送商品。

販売価格: 1,944 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

発行年 2013年12月
判型 A5判
ページ数 256(+カラー口絵8ページ)
目次 まえがき
第1章 都心部の地形 ?日本橋台地・江戸前島・日比谷入江
1 銀座の尾根・新橋の谷
   伏在する尾根と谷/海面変動/台地と波食台
2 日比谷入江
   日比谷公園の珪藻化石/最近1万年の海面変動
3 中世以降の変化
   鍛冶橋の骨/都立産業会館の骨/地下鉄丸の内線の工事現場
   運輸省ビル/二重橋際/坂下門/東京駅八重洲北口遺跡
   丸の内線東京駅付近の地質断面図/3つの内容を関連付けてみる/まとめ
   徳川家康入府後/江戸前島と周辺の地形/『水の都市 江戸・東京』
第2章 山の手台地を開析する谷の地形と地盤
1 NHKの番組「ブラタモリ」の間違い
   侵食と堆積?藍染川と石神井川
2 下末吉海進と縄文海進の混同
   新聞と学会誌/『アースダイバー』の誤り
3 山の手台地を開析する河川
   3区分される河川縦断形
4 どこまで海(入り江)だったか ?目黒川
   東山貝塚/目黒川低地の傾斜/地質断面図による考察
5 どこまで海(入り江)だったか ?渋谷川・古川
   谷底低地と豊沢貝塚/地質断面図による考察
6 どこまで海(入り江)だったか ?神田川
   神田川沿いの地形と地質断面図
7 どこまで海(入り江)だったか ?藍染川(石神井川)
   埋積されて出来た藍染川低地
第3章 横浜市中心部の地形
1 横浜市中心部の地形発達史
   河岸段丘を欠く横浜市中心部/最終間氷期最盛期(下末吉海進最盛期)
   最終氷期極相期/後氷期(縄文海進)/縄文海進以降
2 埋没谷底と埋没波食谷
   沖積層基底
3 台地と低地が存在する理由
   隆起と関東ローム層の堆積
第4章 横浜市金沢低地の地形
1 名勝「金沢八景」の誕生
   平潟湾と金沢砂州/夏島貝塚と野島貝塚
2 金沢低地の沖積層
   海岸沿いの地質断面図/古宮川沿いの地質断面図/沖積層基底
3 金沢低地の地形発達史
   最終氷期から金沢砂州の形成まで/人工改変
第5章 山の手台地東北部(赤羽付近)の地形
1 成因の異なる地形
   成増台と本郷台/多摩川の名残川である石神井川/赤羽台地の谷/地下に埋もれて
いる地形/ボーリング柱状図に現れている地史
2 現地に行ってみる
   地形図をたどりながら
第6章 多摩川低地の形成
1 多摩川低地の地形と堆積物
   多摩川低地と周辺の地形/多摩川低地の堆積物 2 多摩川低地の地形発達史
   沖積層発達史/沖積層基底/多摩川と鶴見川の関係
第7章 東京23区と周辺の地形発達史
1 台地と低地
   地形発達史の重要性/関東平野における東京23区の位置/東京23区の地形の概要
2 山の手台地と下町低地の形成
   下末吉海進時の海岸線/S面の対比について/亜氷期・亜間氷期
   /離水時期/火山灰編年学
3 東京低地の地盤
   地質断面図に現れている氷河性海面変動/ブロック図による説明    /沖積層の分布
4 東京低地の形成
   東京低地の陸化過程
5 最終間氷期以降の海面高度の変化と地形発達史
   山の手台地の地形発達史/地質断面図による説明
第8章 東京・横浜の地形を理解するための基礎
1 関東地方の地形
   新しい低地、古い山地/下末吉面と地殻変動
2 沖積低地の地形
   土石流と低地の形成/自然堤防、後背湿地、三日月湖
3 氷河性海面変動と地形
   氷河性海面変動とは/気候変動の歴史/最終間氷期から現在までの歴史
4 氷河性海面変動による地形の変化
   侵食基準面の変化と段丘化/気候変動と地形形成モデル/海食崖、波食台、
   砂州、磯、浜/地殻変動の影響
あとがき
おもな参考文献
索引