HOME > 地球儀・グッズ > SILVA ・その他アウトドアグッズ

SILVAアウトドアグッズ

コンパス各種
マリンコンパス
軍用コンパス
ヘッドランプ
双眼鏡
他アウトドアグッズ

 

世界No.1 コンパスメーカー SILVA社は、
森と湖に囲まれた北欧スウェ-デンの企業です。

SILVASILVA旧ロゴ 1932年、優秀なオリエンテ-リアでもある、ブヨン、アンバ-ア-ビットのシェルストロム3兄弟によって考案されたSILVAコンパスは、世界で初めてオイルが封入され分度器(プロトラクター)機能を併せ持つコンパスとして、その画期的な使い方は後に「コンパスの代名詞」とまで言われるほど、またたくまに世界中に広く普及していくものとなりました。翌年彼らはSILVA社を創設し、2008年で75周年を迎えました。
 オリエンテ-リングで実証された、コンパスの操作性・信頼性は、世界中のアウトドアマンに絶賛され、高精度/高品質さは、軍隊、測量士、地質研究者などにも高い支持を受けています。現在では、年間2,000万個以上のコンパスを製造している世界No.1 コンパスメーカーとして世界中の様々な分野で、その地位は不動のものとなっています。

 特に軍用コンパスでは、多くの種類のコンパスが「NATO諸国」の正式コンパスとして採用されています。またマリンコンパスでは、1987年ドイツの「ヨット誌」での「コンパスグランプリ」を獲得したり、救命ボート用コンパスとしても認証されています。「SILVA」とは、森を意味するラテン語です。「旧ロゴ」に示すように、北欧の緑に囲まれた企業としての存在感を、真に表現している名称だと言えます。

 75周年を迎えた現在は、コンパスだけでなく、歩数計、ウォーキングポール、ヘッドランプ気象計器、双眼鏡の販売などを通して、現代人の健康を考える総合的なアウトドア用品&健康機器メ-カ-としての道を新たに歩み始めています。

 

 

 

コンパス

SILVA 1-2-3 システムについて

SILVAコンパスが「コンパスの代名詞」とまで言われるように世界のアウトドア市場を席巻したのは、以下に説明する「SILVA 1-2-3 システム」にあります。驚くほど簡単でありながら、その利用価値は、何もない自然の中では絶大な威力を発揮します。

 

図1

【1】地図上にコンパスを置き、「図1」のように、現在地と目的地の2点間を結ぶ線上にコンパスのエッジ(左側)を合わせます。

図2

【2】コンパスカプセルを回し、カプセル内の「赤い矢印」(磁針の赤ではありません)が地図上の「北」 を向くようにします。「図2」(「赤い矢印」を「北」に向けるということは、それが地図の「上」を向くということです)こうすると、地図上の経線とカプセル内の「南北ライン」が必ず平行になります。

図3

【3】コンパスを図のように持ち、体の前で水平を保ちます。その姿勢で、磁針の赤色側(北)がカプセル内の 「赤い矢印」と重なるまで「体」を回します。この時のコンパスの向いた方向が「目的地の方向」を示していますので、「図3」のように目標となるものを見つけて、必ず「この状態」を維持してそちらの方向に向かっていきます。目的地に到着するまで、この操作を繰り返します。この状態とは、磁針の赤色側(北)がカプセル内の「赤い矢印」と重なっていることです。これが、SILVAコンパスを使う上て一番大切なことです。

図4

【4】ミラー付照準コンパスの場合は、同様に操作をし、「図4」のようにコンパスを持ち、「鏡」の下の照準 をのぞいて目標物を合わせ、「鏡」に映った目標物への「方向」を読み取ることができます。