HOME > 専門地図 > 地図ソフトウェア > その他の地図ソフト > 地図ソフト > 東京都2500デジタル白地図 ( 平成27年度版 )

商品詳細

東京都2500デジタル白地図 ( 平成27年度版 )
送料無料

東京都2500デジタル白地図 ( 平成27年度版 )

メーカー:ミッドマップ東京 
東京都全域の1/2500地形図がDVD1枚に収録されております。しかも、すべての図面をシームレスに、また距離・面積計算のほか、経緯度・磁北・真北の値表示、大判プリンターによる出力ができます。詳しくは、ユーザーマニュアル(PDF 3.867KB)をご覧ください。

[送料有料商品A]
・送料金額はこちら⇒【送料有料商品 A】
・送料有料商品Aの購入合計金額が税込21,600円以上の場合、送料有料商品Aのみ送料無料となります。(沖縄県、その他離島は除く)
・メール便発送が可能なサイズの場合は、ご注文完了後に送料金額を変更して正しい合計金額をご連絡いたします。
・代金引換をご利用の場合、メール便はご利用できません。宅配便のみとなります。

販売価格: 37,800 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

目次 ■機能概要

○表示機能 = 拡大・縮小・フリースクロール・図郭間シームレス
○座標表示機能 = カーソル位置の平面直角座標XY、経緯度、磁北、真北の偏位(度)計算 ※世界測地系
○検索機能 = 区市町村丁目名検索
○計測機能 = 距離計測、面積計測
○メモ機能 = 任意の場所へのテキスト入力・保存・削除・修正
○印刷機能 = 範囲指定印刷、1/2,500縮尺印刷、印刷プレビュー、印刷レイアウト確認、用紙サイズ最大A1まで対応
○画像保存機能 = 範囲指定のBMPファイルエクスポート(最大 地上500m×500m相当=画像サイズ:20×20cm)

詳しくは、取扱説明書(PDF)をご覧ください。
備考 [収録データ]
・株式会社ミッドマップ東京が平成24年10月から11月に撮影した空中写真を使用し、デジタルマッピング手法で作成されたベクトルデータです。
・準拠する測地系は日本測地系2011(世界測地系)、公共測量座標系(平面直角座標系)の第IX系となっています。
・図郭座標値はメートル単位です。
・標高は、東京湾平均海面(T.P)を基準としています。
・等高線の間隔は、2mです。
・収録エリア:東京都全域(島しょ部を除く)

[動作環境]
OS:Microsoft Windows 7〜10 日本語版
CPU:Core2Duo以降を推奨
RAM:2GB以上推奨
DVD-ROM:16倍速以上推奨
ディスプレイ : ディスプレイの解像度は1368×768・26万色(16bit)以上推奨
その他:メニューを開くにはAdobe社のAcrobat Reader(Ver6.0以降)が必要です。

[機能]
本DVD-ROMに収録されているソフトウェアには、表示機能・検索機能・座標機能・メモ機能・画像エクスポート機能・印刷機能があります。詳しくはユーザーマニュアル(PDF 3.867KB)をご覧ください。
※注意:ベクトルデータのエクスポート機能はありません。

■利用上の禁止事項・注意事項■
本DVD-ROMの地形図の著作権は、東京都に帰属します。
添付のソフトウェア、添付のTrue Type Fontの著作権は、株式会社パスコに帰属します。
本DVD-ROMの内容の複製(DVD-ROM添付のソフトウェアの機能を利用しない複製)や転用を禁止します。
本DVD-ROMは、ユーザー1名につき1台のコンピュータで使用することができます。
ユーザーは、本DVD-ROMに添付しているソフトウェアの機能を利用することにより、DVD購入者の施設内での内部利用としての利用や二次加工物の作成ができます。
本DVD-ROMに添付しているソフトウェアの機能を利用して出力した地形図のみの画像等を、購入者以外の第三者へ提供する行為や不特定多数の人を対象に配布(刊行・インターネット上での公開も含む)することはできません。

【出力した地形図(画像データ・印刷図)の利用における制限】
エクスポートしたデータや印刷した地図やこれらを基に作成した二次的加工物は、ユーザーの施設内での内部資料、野外活動のベース図、工事などの仮設看板等の案内図、展示会・学会などの発表資料、役所などの関係機関への提出書類として使用することができます。
不特定多数の方を対象とした配布(刊行・インターネット上での公開も含む)する場合や、第三者から二次的加工物の提供に伴う対価を得る商業利用に使用する場合は、別途、東京都の承認と著作権使用料の支払いが必要になります。
同データや印刷した地図を“測量に供する場合”は、東京都の測量法の承認が必要となります