HOME > 買いたい > 地図関連書籍 > 地理・地理学 > 21世紀の人文地理学展望

条件から探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

目的のカテゴリー
から探す

商品詳細

21世紀の人文地理学展望

21世紀の人文地理学展望

メーカー:古今書院 著者・編者:高橋伸夫 編
隣接諸科学に対して地理学のレゾン・デートル(存在価値)を示す
21世紀には環境保全、持続的発展、景観保護、経済のグローバル化、食糧自給、情報革命等が学術研究の中心になると予想される。いずれも人文地理学がこれまでとりくんできたテーマであるが、今大切なことは、これら貴重な財産を体系的に整理して、その総括の上に今後の教育・研究の方向と指針を示すことである。現在中心的に活躍している55人の研究者が総力をあげて書き下ろす集大成。全55章。

・代金引換はご利用いただけません。

[送料有料商品A]
・送料金額はこちら⇒【送料有料商品 A】
・送料有料商品Aの購入合計金額が税込22,000円以上の場合、送料有料商品Aのみ送料無料となります。(沖縄県、その他離島は除く)
・送料有料商品Aでゆうメール発送が可能なサイズで、ご注文時に備考欄に「ゆうメール希望」と記載いただいた場合は、ご注文受付後に送料を変更して正しい合計金額をご連絡いたします。
・代金引換をご利用の場合、ゆうメールはご利用できません。宅配便のみとなります。

販売価格: 13,200 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

発行年 2003年3月
判型 菊判
ページ数 736
目次 [主な目次]
 序 章: 人文地理学の展望(高橋伸夫)
第1部: 地理学の方法と手法
 第1章: 人文地理学の成立とその後の軌跡(手塚 章)
 第2章: 地理空間分析論の社会史-ThunenからGISまで-(杉浦芳夫)
 第3章: 中心地研究-理論的研究を中心に-(林 上)
 第4章: GISと都市地理学(村山祐司)
 第5章: GISと地方自治体(高阪宏行)
 第6章: 土地利用・被覆変化研究計画(LUCC)にみる土地利用研究の新たな視点(尾藤章雄)
第2部: 産業の地理学
 第7章: 農業地理学の課題と展望(田林 明)
 第8章: 畜産に関する地理学の成果と課題(若本啓子)
 第9章: 大都市圏の農業的土地利用に関する研究の課題と方法(菊地俊夫)
 第10章: 不耕作農地の形成に関する地理学的研究の成果と課題(森本健弘)
 第11章: 農業の工業化とフードシステム論の展開-1980年以降における園芸農業地域に関する研究を中心に-(伊藤貴啓)
 第12章: 国際化に伴う農業・農村の再編成と課題(北村修二)
 第13章: 日本における水産地理学の新動向と展望(篠原秀一)
 第14章: 地場産業研究の動向と課題(須山 聡)
 第15章: 大都市工業論の展開(小田宏信)
 第16章: わが国地方圏の機械工業地域に関する地理学的研究の動向(鹿嶋 洋)
 第17章: 観光研究の視野的発展をめざして-アーバン・ツーリズム研究への取組み-(淡野明彦)
 第18章: レクリエーションと環境保全(呉羽正昭)
第3部: 都市の地理学
 第19章: 「情報の地理学」は成立したか?(荒井良雄)
 第20章: 商業地理学の成果と課題(根田克彦)
 第21章: 都市の景観・立体化(山下宗利)
 第22章: 個人・法人の意思決定からみた都市の土地利用(堤 純)
 第23章: 地方中枢都市研究の成果と課題(日野正輝)
 第24章: 都市の再開発(高橋重雄)
 第25章: 都市と政策(戸所 隆)
 第26章: 都市システム研究の展望と課題(阿部和俊)
 第27章: 大都市圏の地域システム(橋本雄一)
 第28章: 世界的都市システムの研究動向(芳賀博文)
第4部: 歴史・文化・生活の地理学
 第29章: 古代・中世歴史地理学の展開(金田章裕)
 第30章: 近世歴史地理学の研究動向-方法論-(小野寺 淳)
 第31章: 近代歴史地理学の課題と展開-人間の姿が見える歴史地理学への一試論-(小口千明)
 第32章: 文化地理学の潮流(中俣 均)
 第33章: 華人社会研究と地理学(山下清海)
 第34章: 宗教地理学の動向と課題(松井圭介)
 第35章: 行動地理学の潮流(岡本耕平)
 第36章: ジェンダーの地理学の研究動向と近未来展望-女性就業と通勤行動に関する研究を中心に-(川瀬正樹)
 第37章: 地理学としての人口地理学の再定義(大関泰宏)
 第38章: アメニティの地理学(加賀美雅弘)
第5部: 地 理 教 育
 第39章: 地理教育の本質(桜井明久)
 第40章: 地理教育の方法(西脇保幸)
 第41章: 地理教育における外国研究の課題-受信から発信へ-(井田仁康)
第6部: 外 国 研 究
 第42章: 中国研究の動向(内山幸久)
 第43章: 雲南からみえる焼畑研究とその課題(白坂 蕃)
 第44章: ドイツ研究-ドイツ統合後の研究課題-(小林浩二)
 第45章: 東欧革命後における東ヨーロッパ研究-変容Transformationを巡って-(山本 充)
 第46章: アメリカ地域研究の可能性(矢ケ典隆)
 第47章: アメリカの畜産地域の変動と畜産の地理学的研究(斎藤 功)
 第48章: 日系多国籍企業の立地展開と研究動向(平 篤志)
 第49章: ブラジル研究の足跡と課題(丸山浩明)
 第50章: 韓国都市地理学の動向(南 榮佑)
 第51章: 中国の都市地理学(杜 国慶)
 第52章: フランス・ワインの新しい地理学(ジャンロベール・ピット)
 第53章: スペインにおける地理学の動向(石井久夫)
 第54章: 都市地理学の潮流-英語圏を中心にして-(菅野峰明)