HOME > 買いたい > 地図関連書籍 > 地質・土壌 > 環境地質学入門 地球をシステムとして見た

条件から探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

目的のカテゴリー
から探す

商品詳細

環境地質学入門 地球をシステムとして見た

環境地質学入門 地球をシステムとして見た

メーカー:古今書院 著者・編者:鞠子 正
環境を意識した地質学の基本テキスト
本文は6章構成で、地学の基本をわかりやすく解説。
カラー口絵解説は、プレートの構造と運動、安定大陸と造山帯、沈み込み帯、カルデラの生成、ピナツボ火山噴火、野島断層、露天採掘場と緑化、気候による土壌断面の変化、温室効果ガス、前線と温帯低気圧、オゾンホール、エルニーニョとラ・ニーニャ、氾濫原と氷堆石、軽水型発電原子炉、地熱発電所例、氷河分布。

・代金引換はご利用いただけません。

[送料有料商品A]
・送料金額はこちら⇒【送料有料商品 A】
・送料有料商品Aの購入合計金額が税込22,000円以上の場合、送料有料商品Aのみ送料無料となります。(沖縄県、その他離島は除く)
・送料有料商品Aでゆうメール発送が可能なサイズで、ご注文時に備考欄に「ゆうメール希望」と記載いただいた場合は、ご注文受付後に送料を変更して正しい合計金額をご連絡いたします。
・代金引換をご利用の場合、ゆうメールはご利用できません。宅配便のみとなります。

販売価格: 3,080 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

発行年 2002年11月
判型 菊判
ページ数 302
目次 [主な目次]
第1章: 地球システム科学の基礎
第2章: 地球固体システム
第3章: 地球大気システム
第4章: 地球水システム
第5章: 地球エネルギーシステム
第6章: 地球の気候・環境変化
付 録: 単位記号、元素周期表、主要火山災害・地震災害表、震度階級、鉱山保安法、環境基準