HOME > 買いたい > 地図関連書籍 > 地質・土壌 > 文学を旅する地質学

条件から探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

目的のカテゴリー
から探す

商品詳細

文学を旅する地質学

文学を旅する地質学

メーカー:古今書院 著者・編者:蟹澤聰史
岩石学者である著者が旅した世界の文学作品の舞台
ゲーテは地質学や鉱物学に興味があり、若い時にそれに関連する職についていた。宮澤賢治やノヴァーリスは若い時に地質学を学んだという。数々の作品の舞台やその背景となった自然の描写に地質学の影響が読め取れる。
著名な文学作品やギリシア神話を題材に、地質学的背景を探ろうという意欲的な試み。新鮮で、かつ身に付く教養に。

・代金引換はご利用いただけません。

[送料有料商品A]
・送料金額はこちら⇒【送料有料商品 A】
・送料有料商品Aの購入合計金額が税込22,000円以上の場合、送料有料商品Aのみ送料無料となります。(沖縄県、その他離島は除く)
・送料有料商品Aでゆうメール発送が可能なサイズで、ご注文時に備考欄に「ゆうメール希望」と記載いただいた場合は、ご注文受付後に送料を変更して正しい合計金額をご連絡いたします。
・代金引換をご利用の場合、ゆうメールはご利用できません。宅配便のみとなります。

販売価格: 3,300 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

発行年 2007年9月
判型 A5判
ページ数 180
目次 [主な目次]
第1章: スタインベック『怒りの葡萄』とルート66
第2章: ゲーテの『ファウスト』と花崗岩の成因、『イタリア紀行』における地質学的観察
第3章: 宮澤賢治の『春と修羅』とノヴァーリス『青い花』に共通するもの
第4章: 漢詩をとおして見た中国の地質
第5章: 魯迅と地質学の接点を探る
第6章: 大岡昇平の作品と地質学
第7章: 『ニルスのふしぎな旅』『ペール・ギュント』と北欧の地質
第8章: 地中海東部の地質とギリシア神話