HOME > 買いたい > 地図関連書籍 > 地形・測量 > シラス学 九州南部の巨大火砕流堆積物

条件から探す

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

目的のカテゴリー
から探す

商品詳細

シラス学 九州南部の巨大火砕流堆積物

シラス学 九州南部の巨大火砕流堆積物

メーカー:古今書院 著者・編者:横山勝三
地形・地質・火山と人間生活との関わり。シラスのすべてがわかる本。
畑の広がっていた九州南部のシラス台地は、大規模に土地造成され、近代的な都市や住宅地に変容した。シラスがつくる地形は、九州南部の地形を論じる上で不可欠であるばかりか、地形学的に見て基本かつ重要な地形要素であり、地形学の基礎を学ぶ上で優れた教材でもある。著者は熊本大学教授。

・代金引換はご利用いただけません。

[送料有料商品A]
・送料金額はこちら⇒【送料有料商品 A】
・送料有料商品Aの購入合計金額が税込22,000円以上の場合、送料有料商品Aのみ送料無料となります。(沖縄県、その他離島は除く)
・送料有料商品Aでゆうメール発送が可能なサイズで、ご注文時に備考欄に「ゆうメール希望」と記載いただいた場合は、ご注文受付後に送料を変更して正しい合計金額をご連絡いたします。
・代金引換をご利用の場合、ゆうメールはご利用できません。宅配便のみとなります。

販売価格: 4,950 円(税込)
お気に入りに追加 数量: カートに追加

「お気に入り」機能をご利用いただくには ログイン が必要です。

発行年 2003年10月
判型 菊判
ページ数 196
目次 [主な目次]
1: シラスとは何か(シラスの定義、入戸火砕流堆積物という名称)
2: シラスの構成物と物性(シラスの構成物、粒度構成、シラスの中の不均質部、シラスの色・固さ)
3: シラスの分布(現在の分布、基盤地形との関係でみたシラスの分布)
4: シラスの性状の地域的変化(分布高度、軽石塊および石質岩片の粒径、溶結作用と溶結部、溶結作用とその影響)
5: シラスの研究史(先シラス期、シラス・火砕流期)
6: シラス台地の地形(台地面、台地崖)
7: シラスの堆積過程(巨大火砕流、入戸火砕流:シラスを生じた巨大火砕流、巨大火砕流の性状)
8: シラスの堆積地形(シラスが堆積した頃の気候と古地理、シラスの原分布、シラスの堆積地形、原堆積面と溶結後堆積面、火砕流原の特性、シラスの堆積年代)
9: シラスの侵食過程と火砕流堆積物の侵食地形(布状洪水、シラス台地の形成、旧開析谷の形成、河成段丘の形成、河川争奪、水系と水系網、火砕流丘陵、バッドランドとテント岩、火砕流凹地、溶結部の侵食地形)
10: シラスの噴火と噴火災害(姶良カルデラとシラスの噴火、シラスの噴火と巨大火砕流災害、噴火に伴う植生の破壊と再生)
11: シラスと黄土がつくる地形の類似性(黄土とは、シラスと黄土の地形の類似性と形成過程)
12: シラス文化と火砕流文化(シラス文化、火砕流文化)