PlugXシリーズ

COLOR UD PALETTESearch+ClipperMappingTools道路編集キットShape基盤地図ReaderCS県別地図ReaderCS国土基本情報Reader国土基本情報20万Reader

PlugX-Clipper2.5

Illustrator CS6・CC用フルバージョン


21,384円(税込)

~ イラレにも欲しかった「切り抜きツール」~
ベクトルアートワークを切り抜く定番プラグイン!
配置画像まで切り抜けるので、データ量を大幅削減!

Illustratorのベクトルアートワークを切り抜く定番プラグインがバージョンアップ。Clipper2では、配置された画像も同時に切り抜くことが可能になりました。クリッピングマスクで「隠す」のではなく、オブジェクトそのものを切り抜いて不要なデータをカットすることで、アートワークを軽く、扱いやすくします。大きなアートワークの一部分だけを使用したい場合に絶大な威力を発揮します。もう不要なオブジェクトを「連れて歩く」必要はありません。

 

Win Mac cs6 cc

Windows版はこちら  Macintosh版はこちら

 

 

PlugX-Clipper2

Illustrator 8~CS5用フルバージョン
※Illustrator8~CS5をお使いの方はPlugX-Clipper2をご利用ください。


21,384円(税込)

 

Win Mac 8 9 10 cs cs2 cs3 cs4 cs5 (CS4/CS5は無償アップデータ MAC・WIN で対応)

Windows版はこちら  Macintosh版はこちら

 

 


8,640円(税込)

PlugX-ClipperLite

Illustrator 8~CS5用の廉価バージョン

お手軽にお求めいただける機能限定版のClipperLiteも新登場!
PlugX-Clipper2から画像切抜き無し・外側削除専用・形状は長方形のみに機能限定した廉価版です。

Win Mac 8 9 10 cs cs2 cs3 cs4 cs5 (CS4/CS5は無償アップデータ MAC・WINで対応)

Windows版はこちら  Machintosh版はこちら

 

 

 

配置画像の切り抜き(Clipper2)

ドキュメントにリンクまたは埋め込みした画像を、必要最小限の大きさに切り抜くことができます。リンク元の画像ファイルは切り抜かれず元のまま残り、切り抜かれた状態の画像が埋め込まれます。当社のフリープラグインReplaceRasterを使用すると、埋め込まれた画像を簡単に外部ファイルに書き出してリンク画像に変更することも可能です。

 

データ量を大幅削減

不要な部分のオブジェクトを消去しますので、特に大きな地図データのごく一部分だけを使用するような場合、一気にデータ量を削減できます。操作のレスポンスも軽快になり、快適にアートワークの編集を行えます。

 

レイヤー構造を維持

アートワークのレイヤー構造は、切り抜き後も切り抜き前と同じです。パスファインダのように、同じレイヤーでグループ化されてしまうことはありません。レイヤーを利用して整理したアートワークは、切り抜いた後もそのままスムーズに編集することができます。

 

任意の形で2種類の切抜き(Clipper2)

切り抜き範囲はパスを描いて指定しますので、正確な設定が可能です。切り抜き実行後に残す部分を、切り抜き範囲の「外側」にするか「内側」にするかを選択することができます。両者を併用することで複雑な切り抜きにも対応します。ClipperLiteでは、切り抜き形状は傾きのない長方形、切り抜き範囲は「外側削除」に限定されます。

 

オープンパスも切り抜き可能

Illustratorのパスファインダ機能と異なり、塗りのないオープンパスも自在に切り抜きが可能です。

 

使用上のご注意
※ メッシュオブジェクト、シンボルグループオブジェクトなどの特殊なアートオブジェクトは切り抜き対象外です。
※ 配置画像の切り抜きは、 Clipper2の「外側削除」のみの機能です。またepsやpdf等の画像以外の情報を含む事が可能なフォーマットは対象外です。また、Illustratorが画像(ラスター)と判断できないフォーマットも対象外になります。
※ テキストオブジェクト及び単独のシンボルオブジェクトは、切り抜き範囲に少しでもかかるもの全てが残されます(「削除しすぎない」ようにするため)。
※ ブレンドや効果などは、外観を維持するためには実行前に分割・拡張することが必要な場合があります。
※ 切り抜き形状または切り抜き対象があまりに複雑な場合、正しく切抜きが行われない場合があります。複雑な切抜きは、なるべく搭載メモリの多いマシンでの実行をお勧めします。

※ グラデーション・パターン・複雑なスタイルを適用したパスや破線は、外観が若干変わる場合があります。

 

PlugXのトップへ戻る